2011年05月01日

2011-3-11

2011年3月11日14時46分…
私は浜松に居ました。
自宅のマンションで仕事をしていた。
錯覚か?気持ち悪いぐらいゆらゆら揺れてる。
ずいぶん長い間揺れていた気がする。
ハッと気が付き、TVを付けるとお台場辺りの工事現場で火災があったと報道されていた。
それを見ながら出掛けている妻に電話するが、
なかなか繋がらない。繋がらないまま、
メールを一応送っておく。しばらくして、
メールの返信が来て、無事とのこと。

しかし私は、その時点から約1ヶ月テレビの前から動けなかった。まるで出来の悪い映画でも
見ているかの様に頭の中が空っぽ。
でも朝も昼も夜も…映像は見ていても、
それを理解していなかったのだと今になって
思う。

私は神戸生まれ。
阪神大震災の時は、親兄弟は被災はしたものの
自宅は損傷を最小限ですんだが、親戚の中では
倒壊した自宅で亡くなってしまった方もいた。
私が通った小学校の懐かしい教室が、
遺体安置所と変わってた…同級生の安否も
正直、今でも全員には連絡していない。
するのを恐れている。楽しかった想い出だけで
ここまで生きて来た気がする。

私は自営業。
ただバク然と考えていた。
時間も自分で作れるし、売上げだけ確保して
おけば半月は休めるかも?
なにかしなきゃ…

つづく(^^;;


posted by vcos at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

妻に告るの巻きorz

震災から1ヶ月が経ち、想いは募るばかり・・・
ネットで震災の事をチェックしているうちに、
ボランティア活動についての記事を読んだ。
ガレキの撤去・泥のかき出しなど、どちらかと言うと
肉体労働をイメージし、私の体力でボランティア活動が
果たして可能かどうか・・・

まだ余震が続いている中で、奥さんにボランティア活動を
理解してもらえるかも考えた。行く事になれば1週間は家を留守にすることに
なるし、また津波が来るかもしれないし、なんて言ったらいいのやら・・・

静岡県の災害ボランティア活動のサイトで岩手県山田町のボランティアを募集していた。
バスで団体行動、募集人員は4週に渡って各30人程度。
GWはもちろん定員30名に対して希望者は100人以上に膨れ上がっていた。
後から聞いた話だが、もともと25名程度は団体で決まっていたり
していたので、実質は5名程度だったそうだ(苦笑)

同じぐらいの時期に、「遠野まごころネット」のHPを見つけて興味深く読んだ。
これだと思った。個人参加で県外からも参加可能。よし!「これだ!」
装備は車に積んで行けばいい、疲れたら無理せず休めばいい・・・
ただ「遠野まごころネット」もGW中はきっとボランティアであふれるのではないかと考え、
GW明けに行く事を一人決意した。

それまでに準備するものとして・・・

@ボランティア活動保険(天災型)
A「遠野まごころネット」へ災害ボランティア登録カードを事前にFAX又はメールにて送信
B装備の購入
Cどれぐらいの予算でボランティア活動が可能か試算(高速料金・ガソリン代・食事代など)
D現地情報を何処で聞くか?
E奧さんにいつ告くるか・・・これが最初にすることか(笑)

そしてついに告る日がやって来た・・・
買物に行く途中、さりげなく震災の話題をして見る。
「俺、ボランティアに行こうと思うんだけどどう思う?」
思い切って切り出して見た。奥さんはこちらをチラッと見て言った。
「とめないよ」・・・嬉しい言葉であった。この言葉に私は、
ただただ感謝するばかりで、遠野まごころネットのことや
作業内容の話を知っている限りの事を話した。
「いろいろ用意しなくちゃね、だって長靴とかも買わないと・・・」

あくる日、仕事中に浜松の社会福祉協議会にボランティア保険の申請に行った。
調べるまで、社会福祉協議会がどういうもので、どういった活動をしているのかさえ
知らなかった。保険も720円の天災Bプランに加入。これで1年間有効なのだからお得感がある。

怪我しないに越した事はないけれど、ガレキの中から割れたガラスや釘を踏んだりする可能性は
あるので、絶対に入ってからボランティアに参加して欲しい。社協で加入できるボランティア保険の
他に、他社のボランティア保険もあるようだが、必ず天災対応(津波など)かどうか確認すること。

ちなみに天災Aプランは490円ですので、天災Bプランの違いは、補償額の違いになります。

天災Aプラン 死亡・後遺障害1400万円/入院日額7000円/通院日額4100円/対人・対物共通5億円
天災Bプラン 死亡・後遺障害2000万円/入院日額11000円/通院日額6370円/対人・対物共通5億円

お近くの社会福祉協議会にて加入できます。
「遠野まごころネット」でのこと、結構ボランティア保険加入せずにやってくるボランティアが
いました。毎日のように怪我人が出る日がありました。骨折や目にガレキの木屑が入ったり、
これは自己責任ですが、どうかどうか加入してからボランティアに参加してください。

では
posted by vcos at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

ボランティア必需品

初めてのボランティア活動に必要なものを私的に上げて行きます。

そういう私も最初は 重蔵☆アメブロ修行中  でいろいろと情報を仕入れさせてもらいました。


※ボランティア活動の内容・地域にもよりますのでご注意ください。
※またこれあって便利だった・・・等々のツッコミ大歓迎です。


【作業に必要編】

・ボランティア保険証
 社協で加入した天災タイプのピンク色のカードは携帯しておこう。
 他の保険会社から出しているボランティア保険も可、ただし天災プランかどうか要確認。

・着替え
活動する日数を考慮してください。活動拠点によってはコインランドリーも
ありますので、事前にした調べしてね。
※遠野VCでは洗濯機が4台(うち1台は脱水専用)がありますが、下着などの洗濯物は
干す場所が余りございません。タオル類(バスタオルを含む)は多少は干せるかなぁ
 遠野VC近くにはコインランドリーがありましたが、結構高かったと使用者から聞きました。

・雨具
カッパですが、これ以外と持ってこない人がいるんですねぇ。
 しかし雨が降ったら基本は作業中止になるとおもいますので、ずぶ濡れで作業はないなぁ
 あと傘は折畳みが便利。
 ※遠野VCはたしかレンタル傘が20本ほど用意されていましたが、増減はあると思いますので
 あくまで緊急用としてお考えください。

・作業着
 これ結構悩みますが、ジャージや汚れても大丈夫なジャンパーなどであとズボンは出来るだけ
 厚手が好ましい。怪我が多発しているのでズボンは特に注意してください。
 上着は発汗性のあるもがいいでしょうね。この梅雨の時期は岩手県の方も寒くなるからね!と
 言っておられました。VC内では自由です・・・なかにはホットパンツをはいてらっしゃった若者も
 おりました(笑)私は上下発汗性のあるトレーニングウェアで過ごしました。

・ウェストポーチ・ディパック
 貴重品を入れて作業をする場合もございます。活動する場所によってはバスの中に置いて行く事も
 出来ました。もちろんお昼ごはんとお水は各自用意してディパックに入れておりました。

・ミニ応急セット
 ばんそうこう・目薬・消毒液・携帯用ティッシュ・ウエットティッシュ・常備薬など。

・タオル
 ハンディタイプ・バスタオル・通常のタオル
 みなさんタオルを首に巻いています。私もでしたが、熱さ対策・寒さ対策に万能で活躍してくれ
 ました。

・水は基本的に現地で調達できるものとして考えておりますが、活動地域によって違いますので
 下調べが必要です。目安は1日2リットルは必要でしょ?

・のど飴・梅干など
 結構、埃が酷い所ありますのでのど飴は助かります。
 梅干は作業合間の休憩中にお食べになってください。

・ヘルメット・帽子
 ガレキの撤去等はヘルメットも必要になります。帽子は必ず必要になります、炎天下対策など。
 あと朝の髪のセットなどできませんので、必然的に帽子が必要かと・・・
 ※遠野VCでは数個ですが、ヘルメットの貸出しはありました。作業によって必要な場合のみ貸出し
 出来ますが、この際マイヘルメットがあってもいいんじゃね。

・ゴーグル・メガネタイプのゴーグル
 これも結構持ってきていない人多かったなぁ・・・用意しくださいね。目に木屑が入って大怪我した
 ボランティアが居ました。コンタクトしている人はゴーグルタイプがいいのかな。

・厚手・長めのゴム手袋
 汗をかくので中にもう一枚軍手をしておくといいですよ。

・長靴・安全靴
 私の場合は安全靴にしました。理由は何かあっても走れるから・・・
 安全靴に踏み抜き防止のインソールを入れてました。安全靴なら行き返りの電車の中でもOK?
 長靴ももちろん大丈夫!でも踏み抜き防止のインソールは必須!
 安全靴も長めの物を選んでください。くるぶし辺りまでは欲しいな・・・捻挫防止にね。
0074-961-1.jpg
 ちなみに私はこんな感じの濃紺にしました。マジックテープが楽チンでした。
 価格はホームセンターで2600円ぐらい。

・運動靴
 作業によっては運動靴の方が適している場合もございます。
 例えば、支援物資での仕分け作業・・・長靴は必要ありませんねぇ。
 VC内での清掃活動・・・そう!私たちが清掃するんですから・・・ガレキ撤去だけが作業じゃな〜い!
 あと外に買物・銭湯に行くにも長靴は・・・まぁそれでもよければ長靴で(笑)

・踏み抜き防止のインソール(中敷)
 ※遠野VCでは屋外での作業(ガレキ撤去など)はこの踏み抜きインソールがないと作業に参加
 出来ません。持ってこないのか、気が付かないのか、忘れたのか・・・何しに来たの?って
 思われますので・・・遠野市にもホームセンターはありますが特に女性サイズが当時は少なかった
 ように聞いてますので、女性の方は特に用意してからボランティア活動に行きましょう!
 踏み抜き防止インソールは980円ぐらいだったと思います。

・大きめのビニール袋
 いつどこにゴミがおちているかも判りません。被災地だけではなくて、ボランティア活動している
 のだから駅でも町中でもゴミが落ちていたら拾いましょう!大小さまざまなサイズがあればOK!
 しかも汚れた長靴の収納にも活躍してくれます!←これは作業帰りのバスの中で使います。

・メモと筆記用具
 ミーティング内容や連絡先などをマメに書き込んでおきましょう。

・腕時計
 作業中はいちいち携帯で時間なんぞ見れません!腕時計の有難さがわかりますので、防水使用の
 本棚にずーーっと眠っているGショックが大活躍!私は何度時間を聞かれたことか・・・(苦笑)

・マスク
 これは現地でも調達は出来ますが、必需品です。お忘れなく。
 遠野VCの作業班隊長殿が言われますが、マスクは使用後鼻かみに使うようにと・・・
 日に2〜3回はマスクの交換をした方がよさげです。

・お昼ごはん
 これは現地調達ですかね。
 遠野VCでは7時30分から朝礼が始まりますので、それまでに準備してください。
 途中で買える場合もあるらしいですが、基本は前日の夜にみんな用意しております。
 腐りにくいものです、当然ですが・・・

・携帯電話
 作業中は使用しませんが、緊急の連絡をする場合もありますし、リーダーに連絡することも
 ございます。あと自分の携帯の番号は暗記しておきましょう!これも忘れる?方多いです(笑)

【ボランティア生活必需品】

・寝袋
 季節的に中間の厚さのものですかね。ブランド品でなければ2000円〜3000円で問題なし。
 あと寒い場合に薄手のブランケット的なものもあったら寝袋の上にかけることも可能。
 まぁ厚着すれば問題はございません。朝方は特に冷え込みます>体育館ですものby遠野VC
 板の間ですものby遠野VC

・シャンプーandリンス・石鹸など
 私は当初、試供品のシャンプー&リンスをしようしておりました。
 VCによって異なりますので、銭湯に行く場合は必要ですね。
 ※遠野VCでは仮設のシャワーが4台ございます、男子2台・女子2台で15分単位の予約制・無料です。
 これがなかなか出来た仮設シャワーでね。
IMG_0095.jpg

・ドライヤー
 これは各人用意しておりました。私は散髪して短くして行ったので必要ありませんでしたが
 女子には必要ですね!

・常備薬・持病をお持ちの方はお薬
 意外と多いのでお忘れなく・・・あと薬の名前なんかも事前に調べておくように・・・
 風邪薬・目薬・うがい薬・ばんそうこう・消毒液・頭痛薬・シップ薬・熱さまシート
 耳掻き・爪きりなど
 私は上記に加えてアイマスクと耳栓をtwitter仲間から勧められて、大活躍しました。

・寝る際に下に引くマット的な・・・
 2,3日なら必要ありません。1週間でも必要なければOKです。
 わたくしの様な中年期を迎えた成人男性は腰が大切。2日目耐え切れずに敷きマットを
 ホームセンターで購入(苦笑)しかし体育館の中では日によって大勢の中で寝ることも
 ありますので、出来るだけコンパクトで幅のないものがお隣さんにも喜ばれます♪
 ※遠野VCでは多い時で寝るスペースが60cm×180cmぐらいです。男子で220人泊まれます。
 市場でマグロが並んできる壮大かつ幻想的な光景が・・・
 女子の和室&体育館の仕切りの中はのぞいた事がありませんが、それに近いかと・・・
IMG_0061.jpg

・紙でないコップ
 これ以外と活躍・・・

・歯磨きセット

・サンダル又はスリッパ
 VC内ではサンダルがあれば助かります。
 もちろん普通の運動靴もOKです。

・音楽プレーヤー
 VC内ではボランティア同士がふれあう場となります。寝るときに耳栓代わりもいいですが、
 私は1回も使いませんでしたので次回からは持って行きません。行き帰りの電車では使うかも・・・

・携帯の充電器
 長期滞在の場合は必要ですね。私の場合は電池式の充電器も持って行きました。
 あとそれに付随してコンセントの差込口を分配する奴(苦笑)
 
・現金
 必要最低限で大丈夫かと思います。あとはカードで問題なかったっす。
 では「いくらぐらい?」と突っ込まれる前に、私の場合、行く前に一日/3000円で計算し、
 11日間で33000円(現地で使う分)。それに交通費と・・・。
 ※遠野VCではボランティア活動支援の物資がたまに届きます。カップラーメン・パックのご飯など
 無いときもありますが、私は毎日、カップめんを食べてみ〜んな便秘気味でした。
 近くのスーパーでお弁当も買えますし、夜中でもコンビに空いてます。外食もあります。

IMG_0060.jpgIMG_0064.jpg
上 遠野VC近くのラーメン屋さん 650円 
下 遠野VCから15分程度 遠野食肉センター ランチ1200円

 ただし21時には閉まるところが多いです。長期ボランティアの中には飲みに行く人だっています。
 基本VC内では他人に迷惑をかけないのであれば自由です。一切束縛されません・・・迷惑を掛けない
 前提ですが・・・(笑)長期ボランティアの中には1ヶ月1万円生活を試みている猛者もいますし
 私は可能ではないかと思います。ただし、出来ることなら被災地や被災地を支援している所で
 消費をしたいと考えております。それがまた大事なんですね!


えぇいい加減疲れたので今日はこの辺で・・・ドロンします(^^ゞ

posted by vcos at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

遠野まごころネットとは

IMG_0072.jpg

3月28日有志により設立、支援活動開始。
インターネットによる日本全国への義捐金、
支援物資の呼びかけと並行し、沿岸被災地を訪問。
幅広い支援活動をしている。

主な活動内容・・・・・
● インターネット等による義損金や支援物資の呼びかけ
● 避難者のケア、状況把握等の情報把握
● 避難地他での入浴サービスなどの生活支援
● 介護・看護支援
● 瓦礫撤去等の復旧支援
● 民間ボランティアの受入れ、支援、コーディネート

IMG_0116.jpgIMG_0117.jpgIMG_0118.jpg
遠野まごころネットの近くはのどかな風景が見られる。
一方、5分も歩くとバイパス沿いに食事処・スーパー・コンビニ・ホームセンターなどが
一通り、震災の影響もなく営業している。

遠野ボランティアセンター(以降、遠野VC)内では大まかに構成団体と個人ボランティアで
被災地支援を行っている。
個人ボランティア・団体ボランティアのボランティア活動累計は 計約7,000人 
遠野市の人口3万人に対してのボランティア比率は遠野市の経済復興にも役立っている感はある。
実際、個人ボランティアは食事の調達、飲食などを市内ですると共に、銭湯・お土産購入など
遠野市に恩返しをしたいと意識しているボランティアが大半である。
このVCはすばらしい設備を個人ボランティアの為に提供し、宿泊は体育館内であるが無料である。

magokoro.gif
posted by vcos at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

いよいよ出発の巻き

東日本大震災のテレビ映像・ニュースを見て阪神淡路大震災を経験した私にとって、

何か出来ないかとの「想い」が募るばかりであった。募金をして満足?

しかし今の私には時間はある、なら行こう!装備を買い揃え、

現地の情報をインターネットで探しまくり、家族の同意を得て車に乗り込んだ。

朝方3時に自宅を出発、妻に後ろめたさを感じつつ、まだ真っ暗な高速へ入った。

遠野まで12時間、テンションは高く疲れも感じないまま遠野VCについた、

途中の高速で警察関係車両から自衛隊関係の車の一個団体が走行していたり、

サービスエリアで休憩していたり・・・お手洗いで会えば「ご苦労様」と声を掛けた。

気持ちよく「ありがとうございます」と返答してくれた。

今回の自衛隊の活躍は国民の目で見ても理屈抜きで好感をもったと思う。

私もその一人・・・長渕剛が慰労の為に自衛隊の前で歌っていた時は、

自衛隊の人達は、嬉しそうだった。それを見て私も感動してしまい。

あぁなんて人間味のある自衛隊の人達なんだろ・・・と。



福島県ぐらいから、震災の影響で高速道路は継ぎ接ぎされていたものの

東和インターで降りて、遠野市内はのどかな田舎町。

この地から僅か一時間で、テレビで散々見た映像の被災地が存在する、

このギャップに阪神淡路の時と同じの違和感を覚えた。



遠野VCではさまざまな問題点を抱えていた。

いや抱えている事に気付いているのはどれぐらいの人だろうか・・・

受付で「人手が少なくてやってみませんか?」の一言で、

瓦礫の撤去作業をやる気満々でやって来た私にとって

「頼まれたら断れず」的性格。快く了承した。

内勤務の仕事はボランティアセンターの運営・マネジメント、

人と接するのが好きな私にとってボランティアの為の

ボランティアが在った事に少し感動。

しかしシステムもまだまだ脆弱で毎日毎日、

個人ボランティアからのクレームがやってくる。

「私も貴方も同じボランティア」やれ寝る場所が狭い、

新幹線のチケット取って欲しい、タクシー呼んでもらえます?

情けない本当に情けない。

IMG_0070.jpg

私は何度も「受付はホテルのコンシェルジュじゃねぇ」とニコニコしながら

対応させていただいた。お、大人の対応・・・って奴ですか(笑)

でもね、だんだんこんなクレームや訳判らん質問をしてこられても

全然平気になってくる自分が、なんだか昔の自分に戻っている気がしてきた。

私はサラリーマンも経験し、経営者も経験している。友達はいつか仕事仲間に

変わり、付き合いの延長で商売が始まり、騙したり騙されたり、風評を流されたり

信頼していた社員が去って行ったり・・・だんだん自己防衛的になってたのかもしれない。

ちょっとした事が気になり、苛立ち、怒る。今思えば、ここ3,4年そうだったかも。

だんだんボランティアの話から遠のきましたが・・・

では次回より修正編でまいります・・・

かしこ
posted by vcos at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。