2011年09月08日

大槌町仮設団地の現状

病院に通院している高齢者は切実な「病院までの足」の確保、

生活用品などの買い物などの悩みを抱える。

本格的なスーパーや店舗は未だ建設されない。

町の中心部にローソンが1件。仮設スーパーが1件。

あとは小さな個人商店が2-3件。

移動販売も生鮮食品を中心に販売しているが、

移動販売が来ない仮設団地も存在する。

大槌町では県立病院が津波の被害にあっており、

仮設の診療所はあるものの、

元々隣町の釜石市の病院に通院している方が多く、

往復のタクシー代は10,000円以上になる。

運行バスも1日3-4本で、釜石の病院へのアクセスは悪い。

これでは毎週の通院が毎月になってしまうことも理解できる。

今後は行政や病院を含め、直通バスの運行を呼びかけるしかないのだろうか?

仮設は冷房をつけないととてもではないが部屋にいられない。

断熱材さえも入っていない仮設住宅は牢屋のようだと住人は言う。

冬は冬で特にお年よりは外に出る事をためらい近隣住人との

コミュニケーションもとれなくなる事も考えられる。

仮設住人の中でも、自立に前向きな住民と震災で

すべてを失った悲しみ・喪失感を抱える住人とが存在し

メンタル面でのサポートが必要とされる。
posted by vcos at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック