2011年11月14日

陸前高田市上長部地区

IMGP0232.JPG

陸前高田市の上長部地区は震災後、冷凍倉庫から流れ出した

さんまや鮭の撤去作業でボランティアの仲間内でも愛着を感じる場所。

地元の方々とボランティアがうまくバランスをとりながら復興に向けて

歩み出している。

10月の写真だが、強烈な魚の匂いもガレキもなくなり。

夏にはひまわりが…

少しずつ少しずつ…

喪失感ではなく、さぁこれからこの場所をどう復興させる?

ボランティア主導ではなく。

あくまで地元の方々が主導。

私はこの場所に、復興の狼煙を上げたくなった。

ほんの数日しかガレキの撤去は参加してないが

迷ったときには私はここでガレキの撤去をさせていただく。

不思議と大槌町ではなく上長部なんだが…

まずは地元の方々が、塩害にあった木を切って加工し力を合わせて

作られたのが…

IMGP0251.JPG

私の大好きな写真のうちの一枚。

見ると涙が溢れる。

これも勇気をもらえる写真。

IMGP0247.JPG


ここのお父さんたちもお母さんたちも素敵です。

復興の狼煙、新しいコミュニティー作り。

文書名 _cube_image_123_0001.jpg

これがようやく実現します。

在宅被災者・仮設住宅の方・ボランティアがこの冬場でも

集まれる場所。

新たな出会いが生まれて、新しいコミュニティが出来れば幸です。

資金を出してくださったスポンサーにも感謝します。

お父さんたちが建ててくれた丸太小屋の横に

「まごころハウス」(仮名)を設置します。

12月初旬完成。


ラベル:大槌の画家 パーソナルサポート TSUNAGERU=ボランティア VCOS かけはし広場 まごころ広場 まるたま ガレキ撤去 サラリーマンボランティア ボランティアコネクトサポートネットワーク ボランティアコーディネーター ボランティア必須品 ボランティアに必要な物 ボランティアツアー ボランティア初参加 ヴィコス ボランティア装備品 女性ボランティア CSR ボランティア TSUNAGERU=ボランティア TSUNAGERUボランティア :「TSUNAGERU=ボランティア」基金 VCOS かけはし広場 つなげるボランティア 小谷雄介 :CSR ボランティア 岩手県 大槌町 上閉伊郡 被災地の現状 仮設住宅の現状 仮設住宅の問題 大槌生活 大槌生活支援チーム 孤独死 まごころ まごころ広場 まるたま ガレキ ガレキ撤去 サラリーマンボランティア サークル ボランティア ボランティア 必需品 ボランティアに必要なもの ボランティアコネクトサポートネットワーク ボランティアコーディネーター ボランティアツアー ボランティア初体験 ボランティア募集 ボランティア心構え ボランティア必需品 ボランティア必須 ボランティア必須アイテム ボランティア支援 ボランティ 太田恭司 大槌復興支援プロジェクト 陸前高田市 上長部 新しいコミュニティー コミュニティーの再生 新しい公共コミュニティー
posted by vcos at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック